2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 金井美恵子『軽いめまい』 | トップページ | 古井由吉『杳子・妻隠』 »

2017年5月25日 (木)

ホフマン『砂男』

「目」にまつわる怪奇小説。
暗喩によってもたらされる小説固有の気味の悪さを、舞台化することって可能だろうか? などと、ついつい考えてしまう。
たとえば、こんなくだり。
コッポラはいそいで晴雨計をわきに置くと、だぶだぶの上衣のポケットに手を入れ、柄つき眼鏡やら普通の眼鏡やらを取り出してナタナエルの机の上に並べはじめた。
「ほうら、ほら、鼻にかけるとよく見える―とてもすてきな目玉だよ!」
そんなことを言いながら次々と取り出しては並べていく。みるまに机の上が異様にピカピカ光りはじめた。数知れない目がギラリと輝き、おりおり烈しく目ばたきしながらナタナエルを凝視している。

« 金井美恵子『軽いめまい』 | トップページ | 古井由吉『杳子・妻隠』 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金井美恵子『軽いめまい』 | トップページ | 古井由吉『杳子・妻隠』 »