2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 死ぬのはいつも他人ばかり? | トップページ | コミュニケーション »

2017年5月23日 (火)

20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない、20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない

チャーチルが言ったとされる「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない、20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない」って言葉がありますね。
これってどういう意味か?
 
今はどうだか知りませんけれども、私が子供の頃、私の田舎にはまだなんとなく部落差別ってあったんですよ。中上健次が書くようなやつ。まともな就職もないし、「一般」の人とは結婚もできないんだと。
もちろん、差別はいけないことだと教えられていたわけです。なのに、ある。矛盾してる。だから私は大人になったら部落の人と結婚しようと思いましたよ。矛盾を解消するために。「優しさ」のつもりでもあったんでしょう。そういうことを口にすることで己の善人性を担保したい。
しかしそれこそが「差別」なわけですよ。やがてそのことに気づくわけ。
 
そうした「気づき」のないままオッサンオバンサンになっちゃうのがいる。私が「寄り添う」系と呼んでる連中がそれですよ。
だからチャーチルは、若いうちはせいぜい単細胞をやっておけってことを言ったのかなって思うんですよね。

« 死ぬのはいつも他人ばかり? | トップページ | コミュニケーション »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 死ぬのはいつも他人ばかり? | トップページ | コミュニケーション »