2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 朱に交わって赤くなる | トップページ | 人治主義 »

2017年4月25日 (火)

ブッシュマン

『ブッシュマン』というコメディ映画がかつてアメリカで製作され、日本でもヒットした。
登場するのは南部アフリカのカラハリ砂漠に住む狩猟採集民族「サン人」で、今は「ブッシュマン」というのは「蔑称」なんだとか。それで『コイサンマン』と改題されたらしい。
 
約35年前につくられたこの映画から、米国人の有色人種に対する差別意識を見出すのは簡単だ。この映画を観て、かつて一緒に「笑った」日本人も今は反省し、むしろ積極的に「差別」を糾弾する側にまわることで、過去の「罪」を帳消しにしようとする。
これが言葉狩りの構造だ。
 
「構造」といえば、構造主義の祖とされるレヴィ=ストロースが『悲しき熱帯』で言わんとしたのは「西洋の知で世界を見るな」ということだった。
もっともその「言わんとしたこと」じたいが、西洋的な知の枠組みに規定されるものだという批判を後に受けることにもなるのだが。
 
『ブッシュマン』に対する意識高い系のステレオタイプな「反省」は〈民族を「笑いもの」にした〉〈大自然に対するリスペクトがない〉等々。
なるほど失礼な話ではあるんだろう。
だが、こうした安直な「反省」こそが、実は失礼きわまりないんじゃないかと私は思っている。
レヴィ=ストロースが批判した(また批判された)「西洋の知」と同様、大前提として〈近代>前近代〉の構図は温存したまま、それを隠蔽することを勝手に「美徳」としているわけだから。
 
平たくいえばこういうこと。
「上から目線でごめんなさい」と頭を下げるが、そもそも相手は「下」である認識がないのだから「はあ?」ってなる。それじゃあこっちとしては「反省」が成り立たないので、相手を「教育」し、なんとか自分の価値観の枠組みに引き込んで「それもこれも、みんな私が悪いんです。どうかひとつ許してください」と、金をくれてやったりする。
これがいわゆる「従軍慰安婦問題」の構造だ。

« 朱に交わって赤くなる | トップページ | 人治主義 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朱に交わって赤くなる | トップページ | 人治主義 »