2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年11月

2016年11月25日 (金)

鼻血系

動機の純粋性の強調が思考の怠慢を正当化すると信じる人たち。
そういう思考回路だから「従軍慰安婦強制連行」も「南京大虐殺」もあっさり信じて「寄り添う私」に酔ってしまう。
アツさはバカと同義だと、だから私はいっている。
 
彼らが異なるイシューの壁を越えて同一の集団に属しているように見えるのは、イデオロギーというよりも、こういう「頭の悪さ」によるものだ。
しかしいくらこういう指摘をしても彼らには響かない。
バカはバカを自覚しない。
そりゃそうだ。それゆえにバカなのだから。
 
総括しろよ、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、これらに同調する沖縄や北海道のザコ新聞。
おまえらにイジメ加害者を非難する資格など1ミリもない。

2016年11月19日 (土)

経験

それでも一度は政権を担当したのだから、民主党もちったあマシになるもんだと思っていたんですよ。
たとえば自分が皿を割る経験をしたら、他人が同じことをしたとき、それ自体を咎めるのでなしに、そういう事態に至った経緯、どうすればそれを防げたかという建設的な話になるはずだ、と。だって「経験」てそういうもんでしょう? フツー。
ところがこいつらは自分が皿を割ったことも覚えていない。
あるいはこの皿とあの皿は違うとか屁理屈を言いだす。
ここまでの阿呆集団とはさすがに思っていなかったわけです。
さらに看板掛け替えて阿呆に拍車がかかった。

2016年11月 6日 (日)

茶番劇

 
バカが選んだバカな議員が、バカを選んだバカな有権者にアピールするというバカな図。
もっとも民主主義っていうものは構造的にポピュリズムなわけで、こんな茶番劇で巻き上げられる木戸銭も「団体鑑賞の会費」として引き受けねばならんのだろう。
要するに、こうしたシャカイハエンゲキを観たがる客すなわち有権者がこの国にそこそこ存在するってことだ。
そしてその「観客」は、我々がどんなに言葉を尽くしても「イノセントな国民/悪い政府」という幼稚な虚構=児童ブンガクを相対化できない。そういう突き抜けた頭の悪さだから、次もまた民進党だか共産党だかに投票し、「悪と闘う」のでしょー。

« 2016年10月 | トップページ | 2017年4月 »