2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 引力 | トップページ | パロール/エクリチュール »

2016年9月27日 (火)

情操教育

「情操教育」というものは、べつに幼少期に〈普遍的〉な価値観を植え付けておけ、というものではなく、むしろそれらが後に自身の手によって相対化され、更新され、〈普遍的〉でもなんでないことが暴かれるのを期待して、施されるべきものではないか、と私は思う。

児童文学的な世界では、オオカミは常に「悪」である。それはそれでいい。だが、オオカミにはオオカミの価値観=世界があるのだと、やがて子供はその成長過程で気づいていく。

そうしたまっとうな知性と感性を前提としてやること。それが、子供を「信じる」ということなんじゃないか。人生にかんする情報量不足からくる〈ピュア〉の側面だけを強調し、妄信的な性善説に基づく放任主義など、ほとんど育児放棄に等しい。

« 引力 | トップページ | パロール/エクリチュール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 引力 | トップページ | パロール/エクリチュール »