2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 共産、国会開会式に出席へ=「現実路線」さらに一歩 | トップページ | 残念 »

2016年2月 5日 (金)

関与

http://www.sankei.com/world/news/160203/wor1602030009-n1.html

ドイツのメルケル政権は2日、売春婦の健康を守るため客にコンドームの使用を義務付け、違反した場合には最大5万ユーロ(約655万円)の罰金を科すことなどを定めた法案をまとめた。

***

これが国の「関与」ってやつですよ。
ってことを少なくとも日本国内で言って意味があったのは、10年前までかなあ。いわゆる従軍慰安婦問題の「軍の関与」がこうしたものであったことなど、まっとうな知性の持ち主ならば、今や誰だって知ってることだし。
 
むろん売春=絶対悪という信念は、ありえますよ。信念はね。
しかしその「信念」のために、政治家が売春婦(しかも合法的な)の健康を「人質」にとってはダメなんですよ。
今、「弱者に寄り添う」とかいって、日本の民主党、社民党、共産党らが善人ヅラしてやっているのは、そういうことです。だから私は連中が大嫌いなんですよ。これは善悪の話じゃない。私の好悪の表明です。

« 共産、国会開会式に出席へ=「現実路線」さらに一歩 | トップページ | 残念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共産、国会開会式に出席へ=「現実路線」さらに一歩 | トップページ | 残念 »