2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 水道 | トップページ | 思考の枠組み »

2015年12月 8日 (火)

レーザー照射

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151207-00000526-fnn-soci 

「打倒!! 軍国主義 打倒!! 日米同盟 そして平和の基本は日露友好」などの書き込みも残されていた。

***

この手の連中にしばしば見られる幼稚な独善性。
風船飛ばしてる「市民」もいたけど、やってることはこいつと一緒だ。
やむにやまれずやったのだ、と彼らはほざくのかもしれないが、動機の純粋性は行為を正当化しない。「平和を思う気持ちでやりました。炎天下、歯を食いしばって頑張りました」なんてのは自己陶酔を助ける以外に何の価値もない。当たり前だ。そんなことはガキでも知っている。  

ところが類は友を呼ぶらしく、彼らは閉じた集団内で互いの善人性を承認し合う。「炎天下、歯を食いしばって頑張」ったことが美徳として評価される。そうして愚かさをこじらせて、軽々しく「平和」を口にしたがるのだが、民主主義の手続きを経てそれを実現する方法も、そもそも「平和」とは何であるのかもマトモに考えようとしない。ただただ澄み切ったおのが善人性を味わい尽くすのみ。 このおそるべき思考の怠慢。  


「思考」する、というのは現実を参照した内実ある言葉で論理を組み立てるということだ。それをしないから、通俗的な「物語」に陶酔し、むしろそんな独りよがりが平和を乱しているということにも気づかない。 端的にいって頭が悪すぎるんだよ。

« 水道 | トップページ | 思考の枠組み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水道 | トップページ | 思考の枠組み »