2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 耐用年数 | トップページ | ヘイト »

2015年1月26日 (月)

手段の目的化

政権批判という手段の目的化。
「ケンジを救え」などと、誰の目にもわかりやすく、それじたい反論の余地がない標語と抱き合わせる形で、〈I am not ABE〉を正当化する。
  
思考停止を〈ソボクな人間性〉にすり替え、渋谷辺りの道端で売ってるポエムのような「善意」を強調する。それをタコツボ化した仲間内で互いに承認し合う構造は、「放射脳」と一緒だ。実際、二つの集合は多くの部分で重なり合っているように、私には見える。
 
しかし「善意」というなら、オウム真理教のいう「ポア」だって、『死に際して、その魂を高い世界に移し変える(転生する)』という、彼らなりの「善意」に基づく「正義」であったはずだ。
 
牽強付会で独善的。今、〈I am not ABE〉な連中が掲げる「正義」は、オウムのそれとよく似ている。

« 耐用年数 | トップページ | ヘイト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐用年数 | トップページ | ヘイト »