2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ほんとうのことを知りたいだけ | トップページ | 警察白書 平成25年 »

2014年10月21日 (火)

地表付近の月は、やたらデカく見える。これは月の周りに民家や林など比較対象物があるために、そう見えるだけなのだ。と、小学生のとき教わった気がするが、しかし天頂付近の月を、ビルや民家の屋根や木の枝をナメて見あげても、つまり視界に故意に比較対象物を置いて見ても、月は大きくは見えない。
どういうことか? 
さらにいえば、たとえば朝方か夕方のやや明るい空に、うっすらかかる月の近くに飛行機が通りかかったら、月は飛行機との比較で膨張し、飛行機が去ったらまた収縮する、かといえば、そういう事実もない。

 

« ほんとうのことを知りたいだけ | トップページ | 警察白書 平成25年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんとうのことを知りたいだけ | トップページ | 警察白書 平成25年 »