フォト
無料ブログはココログ

« 想像力 | トップページ | 就職できない若者 »

2014年10月 5日 (日)

現国

自作の戯曲が「作者の言いたいこと」みたいな解釈に矮小化され、モラルによって回収されるのは、当の作家にとっては苦々しい気がするものだ。そういう風潮は、中学高校あたりの国語教育に根ざすものと思われ、それでついつい「現国」批判に走ってしまいがちなのだけれども、そんな批判も、一定程度の「現国」的素養を持つ者にしか決して理解されないのだ。この逆説。
服を脱ごうと思えば前提として服を着ていなけりゃならない。そういうことだ。

« 想像力 | トップページ | 就職できない若者 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 想像力 | トップページ | 就職できない若者 »