2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 今の日本に演劇というものが必要か | トップページ | サンクコスト »

2014年8月23日 (土)

耳鼻科

「集団的自衛権」にしろ何にしろ、賛否はあってもちろんいいが、論点を明確にしてくれよ、と思う。特定の政治家への属人的な攻撃で溜飲を下げているなら、己の頭の悪さしか示さない。幼稚な戯れ言に耳を貸してるヒマはない。

しかしつくづく不思議である。拉致問題ではだんまりを決め込み、北朝鮮のミサイルにも、尖閣諸島を巡る中国の動きにも鷹揚に構えている人たちが、自国の防衛力強化には「きな臭い」とか「軍靴の音が」とか言い出す。これはいったい何なのだろう? 

耳鼻科へでも行った方がいいんじゃないか。

« 今の日本に演劇というものが必要か | トップページ | サンクコスト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今の日本に演劇というものが必要か | トップページ | サンクコスト »