2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 性善説/性悪説 | トップページ | 藤原マキ『私の絵日記』 »

2014年2月 6日 (木)

『自虐の詩』業田良家

「泣ける4コマ漫画」として知られる、異色の傑作。
1985年~1990年、週刊宝石に連載され、近年映画化もされた。

主人公・幸江に裏切られても、堂々としている熊本さん。その内面は、どんな言葉を尽くしても、言葉にした瞬間ウソになる。だから作者はひとことのセリフも用いず、路地裏に佇む彼女の後ろ姿一発で見事にそれを表現してみせた。
ラストは、もはや「哲学」の領域。

« 性善説/性悪説 | トップページ | 藤原マキ『私の絵日記』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 性善説/性悪説 | トップページ | 藤原マキ『私の絵日記』 »