フォト
無料ブログはココログ

« 嫌悪感 | トップページ | 謙る »

2014年2月14日 (金)

物語

「物語」が交換可能だというのは、それが作者の恣意的な筋書きに過ぎないということ。
んなもんにさしたる価値などない。
劇において大事なのは、的確なプロットを役者が瑞々しく生きること。その連続として、真の「物語」はあとからついてくる。

« 嫌悪感 | トップページ | 謙る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嫌悪感 | トップページ | 謙る »