2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« ソドムの市 | トップページ | ヒャクショー »

2014年2月 4日 (火)

乱暴者

ルイス・ブニュエル監督作品。
いわゆるメキシコ時代の映画。

ブルジョアの家主が借家人を追い出すために「乱暴者」を雇った時点で、「乱暴者」によるしっぺ返しが待っているであろうことは、ある程度予想できるものの、しかしそうした「定石」(それは観客という得体の知れぬ母集団の最大公約数を求めることで、やってみれば案外と難しい)に則った明快なストーリーが、むしろ楽しめた。

印象的なカットも多々ある。
画面から俳優を排し、肉の焼ける様子だけを映したラブシーンや、お菓子をねだる老人、ラストの「鶏」など…。

個人的には、ブルジョアの妻に焦点化して、「乱暴者」に対する「可愛さ余って憎さ百倍」の心理を描くのもありかと思うが、それはまた別の話か。

404416_167242673388311_100003077389

« ソドムの市 | トップページ | ヒャクショー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソドムの市 | トップページ | ヒャクショー »