フォト
無料ブログはココログ

« 保守/革新 | トップページ | 欠席 »

2013年10月10日 (木)

イデオロギッシュ

右であろうが左であろうが、私がイデオロギッシュな演劇を嫌うのは、観客と作り手が芝居を通じて価値観を補完し合い、上書き保存するのを目的としているからだ。イデオロギーの“崇高さ”の下に、ホンや役者が技術的にどんなにダメでもひとまず芝居が成立してしまう。

« 保守/革新 | トップページ | 欠席 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 保守/革新 | トップページ | 欠席 »