2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 逆照射 | トップページ | カンドー物語 »

2013年10月30日 (水)

畏怖

登場人物の一人のデハケをたった数行後ろにずらしただけで、その後の台詞のニュアンスと、虚構内の「事実関係」が大きく変わった。そしてテキストが一段階「高級」なものになった。こういう瞬間に立ち会えるのが、推敲の醍醐味。
かようにテキストの生成過程を知るものは、稽古場で安易に台詞を変えたりできないものだ。少なくとも大いに躊躇する。それは作家に対する配慮ではない。テキストに対する畏怖だ。

« 逆照射 | トップページ | カンドー物語 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆照射 | トップページ | カンドー物語 »