2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 競輪場 | トップページ | 細部 »

2013年1月16日 (水)

斬新さ

たとえば歌謡曲をジャズふうのアレンジで演奏する試みなどが、しばしば軽いノリでされ、それが意外と合うなと思えたり、やはり全然ダメだ、と思ったり。
とくに後者の場合、ジャンルに固有の“何か”を感じる。楽曲が、本来それにふさわしいアレンジを要請している。
戯曲だって同じことだ。
テキストの要請する演出のスタイルというものがある。それを「世界観」と呼んでもいい。
だが、「斬新さ」の名の下にこれを無理やりねじ曲げて作品を台なしにし、それで何事かを成し遂げたような顔をしている演出家がいる。
そこのおまえ、おまえのことだよ!
そんな厚顔無恥な人間が、今日も懲りずに、演劇とは何かを語っている。

« 競輪場 | トップページ | 細部 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 競輪場 | トップページ | 細部 »