フォト
無料ブログはココログ

« 虫唾 | トップページ | 間抜け者 »

2012年9月21日 (金)

ザツ

徐々にキャスティングも決まりはじめ、登場人物のキャラも具体的になってきた。

私の過去作を読んでオーディション受験を希望し、台本の準備稿を読ませたところ、辞退してきた役者がいる。
かように今度の「猫町」は、今までとは作風が異なる。その自覚は、作家本人にもちろん、ある。

ひとまずホンは最後まで書き上がっている。
これからまだまだ練り込んでいかねばならないが、人物の背景を描き込む、というやり方では、この作品はきっとダメだ。ある意味“ザツ”にいかないと。

たとえばカフカの『変身』を思う。
あの作品で、ザムザは突然虫になってしまったことに不思議なほど頓着しない。細部は非常にリアルに描写されている一方で、最大の謎の因果関係は一切説明されない。この塩梅。
 
“ザツ”とは、つまり、そういうことだ。

« 虫唾 | トップページ | 間抜け者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫唾 | トップページ | 間抜け者 »