往復

「私のような他人」と「他人のような私」との間のたゆまぬ往復。意識するしないにかかわらず、優れた俳優はこのたのしみを知っているもの。

墓場の運動会

日経の調査で安倍内閣の支持率は50%になったそうです。
これってマスコミ主導で誕生した民主党政権がすぐに馬脚をあらわし、短命で終わったのと表裏一体の構造じゃないですか。
 
マスコミ報道によって安倍政権の支持率は急落した。
連日、「モリカケ」で「疑惑」を煽りまくったからだ。
しかし半年たっても何も出てこない。
そりゃそうだ。そもそも朝日新聞のお家芸・捏造なのだから。
 
それでも、朝日・毎日・東京的なるメディアは「説明が足りない」「疑惑は深まった」として衆議院の解散を迫り、いざそうなれば「疑惑隠し」とやりつづけている。
フツーに知性のある国民ならば、こうした「報道」に対して、こいつらアホちゃうかとなる。
 
2017年は新聞が自殺した年として記憶されるだろう。実感として、ここまでひどいのってなかった。
死者にも生きる権利(?)はあるのだろうが、そんなものにつき合う義務はこちらにはない。勝手に墓場で運動会でもしていることだ。

思考停止

芸術は思考停止を正当化するツールじゃないんですよ。

うやむや

ところで文書を朝日に持ち込んだのが前川さんではないかという話はどうなったんですかね? そして持ち込んだ本人が第三者を装って「文書は本物です」と証言したんじゃないかという疑惑。
朝日のような大新聞がまさかとは思いますけれども、万が一、倒閣を目的にそんなやり方をしていたとしたら報道機関の自殺なのだから、うやむやにしないで追及してください。

芸術家猥褻か

芸術家がよくする「猥褻か芸術か」という議論がありますね。私はそれ自体が無意味であると思っています。「芸術」だったら何だというのか。治外法権だとでもいうのだろうか? 猥褻な芸術だってあるんですよ。文科省の検定を通って美術の教科書に載るのが「芸術」じゃないんだ。
翻って、人の頭の中に留まる限り、それがどんなに卑猥だろうと、ヘイトだろうと「自由」です。それが社会の中で外形化したとき、つまり他者との関係においてはじめて制約を受ける対象になるんですよ。

«通俗道徳